DMS

新聞社向けダイナミックパブリッシング

Ennov Doc(電子文書管理システム)&
Ennov Process(業務プロセス管理システム)

Ennov Docは、フランスにあるENNOV社にて開発されたウェブ・ベースのEDMS(Electronic Document Management System: 電子文書管理システム)です。
ライフサイエンス業界向けとして、各種規制(FDA: 21 CFR Part 11等)にも対応し、海外では多くの導入事例を持ちます。(http://en.ennov.com/customers/
また、ユーザー権限として、Ennov ProcessやEnnov Reportを追加することで、ビジネス・プロセスの合理化やビジュアルにアクティビティを表示し、『見える化』を可能とします。

近年、インターネットの普及に伴うテクノロジーのスピードアップとともに、煩雑化するライフサイエンス業界の業務において、文書の作成、レビュー、承認、配付、保管等、ミスを起こすことなく、文書のライフサイクルを運用することは、リソースの負荷や時間のロスの原因になりつつあります。

そんな運用時の問題を、操作する側の立場になって考案された『見える化』を実現したのがEnnov DocのDASHBOARDです。

img_modal

↑クリックで拡大します

 

担当者に割り当てられた文書が、DASHBOARDのステータス・サークル:「TO DO」、「ASAP」上に表示され、一目で割り当てられた文書数、ステータスが確認できます。担当者は、ステータスに合わせて優先処理が可能となります。
処理が完了すると、DASHBOARD上の表示数は減り、割り当てられた業務も完了となります。「TO FOLLOW UP」は、担当者が別の担当者に依頼している文書数が表示され、状況によってリマインド可能となります。
更に、個々の文書ステータスの遷移が画面下に表示されます。

img_modal

↑クリックで拡大します

 

プロジェクトの全体を把握する場合は、ナビゲーション画面にてステータスが確認できます。

(例:eCTD申請プロジェクト)

img_modal

↑クリックで拡大します

 

まず、お試しは「プレミアムeCTD編纂サービス」とのコラボレーションから始めてみませんか?
※特に外部執筆者をご利用のお客様にはおすすめです。

 

「Ennov Doc」の主な機能

○あらゆる文書フォーマットの管理や先進的な文書ライフサイクル管理
 文書の登録、編集(コントリビュート、プルーフリード)、レビュー、承認、配付

○文書のライフサイクル機能、バージョン管理

○検索機能:全文検索、拡張検索

○柔軟な権限管理

○リアルタイムなレポーティング

○監査証跡機能(21 CFR Part 11等)

○メタデータ・ベースの文書モデル

○PDF自動変換

○文書・関連文書およびアーカイブ管理

○プロセス管理〜不適合、CAPA、監査、変更管理、クレーム管理等〜(Ennov Process)

○ワークフローやフォームの編集(Ennov Process)

○サブ・ワークフローとワークフローの同期化(Ennov Process)

☆各文書タイプに合わせたWordテンプレート(モデルドキュメント)の割り当て可能

 ※Authoring Proベストプラクティスサービス on Cloudサービスをご紹介しております。

 

 

 

他のEDMS(文書管理システム)からのマイグレーション

 

既にご利用いただいている文書管理システム(EDMS)からEnnov Docへマイグレーションを検討されるお客様は、ご利用のシステムにエクスポート機能があれば、コンフィグレーション等データをエクスポートすることでEnnov社にてマイグレーション・アセスメント・レポートのご提供が可能です(別途費用が発生します)。

 

Ennov Docの環境構築後、インポート機能にて、これまでお使いのコンフィグレーション・データを取り込み、あとはEnnov Docのオペレーションを覚えるだけで、Go-Liveが可能です。
また、ファイルサーバーからドキュメントをマイグレーションすることもでき、ご利用のEDMSに存在しないEnnovのメタデータを作成することも可能です。
新しいメタデータが必要な場合は、インポートされたドキュメントのメタデータ入力にCSVファイルが利用可能です。

img_modal

【マイグレーション実績】 MS SharePoint、Documentum、Lotus Notes、Zylab、Aida、INQA etc

 

 

※Ennov社は、DocumentumのVAR(Value Added Reseller:付加価値再販業者)だったこともあり、ユーザーインターフェースの開発経験から、現在のEnnov Docが誕生しました。

 

 

 

Ennov eTMF(電子化治験関連文書)

 

Ennov RIM(薬事情報管理)

上に戻る