DMS

株式会社ディジタルメディアシステム

品質方針

2008年05月20日 制定

株式会社ディジタルメディアシステム(以下当社といいます。)は開発する製品に対して、高い品質をモットーとする仕事を行い、お客様との高い信頼関係の確立を目指しています。また、新しい技術の習得とそれらを応用した革新的な製品をお客様へ提供する事で時代に即応したサービスを介して社会に貢献すると共に、同時に会社の発展を図ることを経営理念としています。この理念に基づいて品質方針を定めます。

高い品質をモットーに、お客様の信頼を得る製品を提供します。
全員参加で製品の品質管理(QC)を業務に定着させ、業務品質の向上及び業務の能率向上を推進します。
計画的に品質データを管理し、品質保証に役立てます。
定期的に業務を含む品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善します。
新しい技術を学ぶ向上心を持ち、スキルアップとともに 広い視野で人格、識見を磨きます。
お客様からのクレームを真摯に受け止め品質の改善に努めます。
品質の向上とともに、売上拡大と利益の確保に努めます。
コンプライアンスを遵守し社会に貢献できるように努めます。
お客様およびJIS要求事項に適合した業務プロセスを実施します。

株式会社ディジタルメディアシステム
代表取締役社長 江本 博治

img_modal

クリックで拡大表示します

Placeholder image
上に戻る